Acer C720P Chromebook 開封の儀

昨年のクリスマス商戦、US Amazonで最も売れたパソコンは、Windows PC、Macを差し置いてChromebookとのニュースがあった
その中でも売れ筋の一つ、Acer Chromebook C720PをUS Amazonから転送会社経由で購入、元旦に到着したので、新年早々の開封の儀。ちなみにこのエントリはC720Pで書いてみるテスト。
日本ではAmazon.co.jpで並行輸入品が販売されているようだ。

メーカーAcer
製品名C720P-2666 Chromebook
CPUIntel Celeron 2955U 1.4 GHz (Haswell 2c/4s)
メモリ/ ストレージ2GB DDR3L/ 32GB SSD
ワイヤレス802.11abgn、 Bluetooth 4.0
OSChrome OS
ディスプレイ11.6インチ 1366×768ドット
カメラインカメラ搭載
入力方式静電容量タッチパネル、キーボード
電源Li-Ion 3950mAH (7.5時間)
寸法/ 重量28.8 x 20.4 x 1.98 cm/ 1.35 kg(バッテリ込)
価格$299~
ポート類USB 2.0 x 1、USB 3.0 x 1、HDMI、
音声入出力 x1、SDカードスロット

Acer Chromebook C720P の一番の特徴はお値段。32GB SSDモデルで$299。これでHaswell Celeron積んで、タッチ対応までしてる。これまで、Chromebookでタッチ対応の機種はGoogle純正Chromebook Pixelだけだったが、$1000以上も値差がある。米国では教育向けを初めとして、ボチボチ売れ始めているChromebook、C720Pの仕様で売れないはずはない。

▼Acer C720P外箱。まあ値段なりのおもてなし。
20140101-164036.jpg

20140101-164055.jpg


▼ご開帳。やっぱりお値段なり ry)

20140101-164110.jpg

Acer Chromebook C720P内容物全部。ACケーブルはちと残念なミッキーケーブル。アダプタはタバコの箱ぐらいの大きさ。20140101-211250.jpg

▼パネルを開くと、『タッチ対応!』と分かりやすいステッカーが。PCの店頭売りは結構これ重要。
書いてないと他の機種に埋もれてタッチパネルがついてるのが分からない。
20140101-211301.jpg

筐体表面はブラウンっぽいメタリックで、きれいに加工されていて$300にしてはよくできている部類だと思う。キーボードのタッチも悪くない。閉じた時の厚さも1.8センチと及第点だが、重さはいまどきのノートPCにしてはヘビー級の1.35kgでずしりと重い。低価格の端末はコスト削減のため剛性が高い軽量素材や、高積層の基板、小型の部品を使えないためやむを得ないのだが、ユーザーとしては残念なところ。

▼キーボード最上段にChromeブラウザ専用キーが。Chromeブラウザ使うのにこのキーたち本当に便利。
普通のPCのキーボードにも欲しいぐらい。

20140101-165531.jpg

印字はされていないが、これら一番上段のキーはファンクションキーとして機能する。ただし、F11とF12がない。


▼特殊キーの用途 [マウスオーバーで表示]
chromeos_previous_pagechromeos_next_pagechromeos_refresh (1)chromeos_full_screen (1)chromeos_page_flipperchromeos_decreaselightchromeos_increaselight (1)
chromeos_mutechromeos_decrease_volume (1)chromeos_increase_volume chromeos_search_key

Acer C720P筐体左側面。フルサイズHDMI、USB3.0、ヘッドセットジャックが並ぶ。
20140101-164128.jpg

▼筐体右側面。SDカードスロットとUSB2.0コネクタ、盗難防止ケーブル接続ホール。
20140101-164139.jpg

▼筐体裏側。ザラザラした質感のプラ。レギュレーション関係の表記が並ぶ、、ん?
20140101-171536.jpg

▼何という事でしょう。VCCナントカやらギテキとか言う忌まわしい紋章が勢ぞろいしているではありませんか!
20140101-165228.jpg

これなら、『WiFiは電波暗室でテストしてます』とか、『利用を推奨するものではなく』だの『WiFiは使っていません』だのゴタクを並べないですむ。はースッキリ。

▼付属のACアダプタの表記を見ると、こっちにもPSEとか言う禍々しい紋章が。Acer、日本で売る気満々じゃないか。
20140101-213600.jpg

▼では起動。あっという間に設定画面が立ち上がる。
20140101-211454.jpg

▼当然のようにタッチで入力ができる。言語設定にはちゃんと日本語がある。
20140101-165554.jpg

言語設定を日本語にすると、以降の表示は全て日本語表示になる。なぜか地域設定が出てこないので、時刻設定は設定終了後に行う必要がある。

▼言語やWiFi APなどの設定、Google IDを入れれば設定完了。
20140101-165615.jpg

▼普段からChromeブラウザ使いなら、お気に入りを同期し、プラグインを自動インストールした状態でChromeが起動する。
Screenshot 2013-12-31 at 23.28.49

 ChromebookにはChrome OSが搭載されている。使ったことのない方にはどんな環境かピンと来ないかもしれない。簡単に言うとChromeブラウザしかないデスクトップ環境だし、Chrome上にインストールできるChrome AppsやChromeブラウザのプラグインはほぼ全部利用できる。

ちなみに、Chromebook上でスクショを取るには、control + chromeos_page_flipper キー。control + Shift + chromeos_page_flipper では任意のエリアのスクリーンショットが取れる。

▼というわけで、当然Flashのプラグインも標準搭載。艦これも動くはず、、って初めてログインしたがサーバ全部満員じゃん。Screenshot 2014-01-01 at 22.13.05

▼IMEも標準搭載されている。多分Google日本語入力だと思われる。
Screenshot 2014-01-01 at 00.31.22

▼Chromeブラウザのタブ上で動くアプリの他、独立して動くオフラインアプリもChromeウェブストアからインストールできる。
これらも普段からChromeブラウザで使っていればChromebookでユーザ設定完了後、勝手にインストールされて起動する。

retScreenshot 2013-12-31 at 23.32

タッチつきのChromeブラウザ環境で色々使ってみると、思いのほか快適な事に気がついた。しかも、Chromeウェブストアには随分とアプリが充実してきている。はっきり言って数も質もWindows 8 Modernアプリ環境を凌駕してると思う。

▼オフラインアプリの一例Pixcelr Touchを起動し、当エントリ用にスクショを編集しているところ。
Chromeブラウザとマルチウインドウで動作する。
 Screenshot 2014-01-01 at 04.42.21

 ここまで、Chromebook C720Pでエントリを書いてみたが、中々快適。Haswell Celeronのお陰か、元々Chrome OSが軽いせいか、それとも両方なのか、非常に快適に作業ができた。Chrome系以外のデスクトップアプリが動作しないため、当然Googleのクラウド環境を色々と活用する事になった。普段Google DriveとかCloudプリントとか余りつかってなかったが、お陰で随分勉強になった。結構使い勝手いいわ。Google環境恐るべし。

【まとめ】
Chromeブラウザ使いで、ブラウザ中心に利用するサブマシンを探しているなら、Acer Chromebook C720Pは買いですぜお客さん。

 

【おまけ】 Chromebook Tips

Page upalt +
Page downalt +
Homectrl+alt + ↑
Endctrl+alt + ↓
ブックマークバーのオンオフctrl+shift+B
右クリック

2本指クリック
またはalt + クリック

Delete

alt + backspace

画面ロック

ctrl + shift + L

CapsLock

alt + chromeos_search_key

スクリーンショット

ctrl + chromeos_page_flipper

画面を90度回転

ctrl + shift + chromeos_refresh (1)

特定部分のスクショ

ctrl + shift + chromeos_page_flipper

外部モニタ
ミラーモード表示

ctrl + chromeos_full_screen (1)

外部・内部モニタ切替

alt + chromeos_full_screen (1)

キーボードショートカット表示         ctrl + alt + ?
webページをセーブ

ctrl + S

Chromeターミナル

ctrl + alt + T

タスクマネージャ

esc + shift

ファイルマネージャ

shift+ alt + M

リカバリメディアの作成             

chrome://imageburner    

システム情報の表示

chrome://system

ジェスチャー設定

chrome://gesture

▼特殊キーの用途 [マウスオーバーで表示]
chromeos_previous_pagechromeos_next_pagechromeos_refresh (1)chromeos_full_screen (1)chromeos_page_flipperchromeos_decreaselightchromeos_increaselight (1)
chromeos_mutechromeos_decrease_volume (1)chromeos_increase_volume chromeos_search_key