【骨董移動端末館】第3回 Palm Centro (2007) 開封の儀

最近、年代物のモバイル端末を、eBayなどでコツコツ収集中。『骨董移動端末館』と題して、ぼちぼち所蔵品をエントリで紹介して行きたい。現在の収蔵品は、VINTAGE MOBILEのページにまとめてあります。骨董モバイル端末集め、楽しいよ!おすすめ。

さて、骨董移動端末館、第3回はPalm Centro。今回も貴重な未使用品が入手できたので、開封の儀仕立てでご紹介。

メーカーPalm Inc. / AT&T
製品名Palm Centro
型番64833
発売年月2007年10月14日
発売時価格/入手価格$299(3年契約)/ $49 @ eBay
CPUIntel XScale PXA270 312 MHz
ストレージ64MB
OSPalm OS 5.4.9
ディスプレイ320×320ドット 65000色
カメラ1.3メガピクセル
入力方式感圧式タッチパネル、キーボード
電源Li-Ion 1150 mAH
寸法・重量10.7 × 5.4 × 1.85 cm・119g (バッテリ込)
詳細情報Wikipedia Palm Centro

Palm Centroは、2008年にはBlackberry 8100に次いで全米売り上げ2位になるほどの人気スマートフォンだった。一方、長年隆盛を極めたPalm OSを搭載した、最後のモデルでもある。Palm社はPalm OSを捨てて、この後新しい自社製携帯OS、web OSへ舵を切る事になる。

初代iPhoneが発売されたのが2007年6月。Palm Centroはその約半年後に発売された機種ということになる。

▼Palm Centro、AT&T版のパッケージ。当時AT&T(GSM)とSprint(CDMA)から発売されていた。
Centro_boxed

20131019-130923.jpg

▼6年の時を経て、Palm Centro開封!
20131019-130955.jpg

ご開帳。まあよくある味気ないキャリア端末パッケージな感じ。
20131019-131006.jpg

▼内容物。専用充電器、USB同期ケーブル、本体、マニュアル、同期ソフトの入ったCD。
20131019-131018.jpg

▼Palm Centro本体。さすがに完全放電していて電源は入らなかった。
20131019-131103.jpg

▼本体左側面。ボリュームキーとサイドボタンと言う名のよくわからないキー。centro-side1

▼Centro下部。コネクタ右端は充電用コネクタ、左側は同期用接点とコネクタ。右端には米国向けには珍しく、ストラップホールが。
centro-bottom

▼右側面。IrDAの受光部がある。
centro-side2

▼上部にはミュートスイッチ。
centro-top

ミュートオンにすると、凄い強力なバイブの振動が伝わってきた。申し訳程度に震えて、着信に気づきそびれる最近のスマホにぜひ見習わせたい。

▼裏面。1.3メガピクセルのカメラ。カメラ上部はフラッシュではなく、自分撮り用のミラー。
20131019-131117.jpg

裏面下部に、”ACCESS POWERED”とあるが、これは日本の株式会社ACCESSのこと。Palm Centro時代には、実はPalm OSの権利はPalmになく、ACCESS社にあった。このため、Palm Centroは、ACCESS社にPalm OSライセンスを受け、Palm社が製造したことになる。

Palmの歴史は、買収、スピンアウトの繰り返し。最終的にはHPに買収されることになり、製品・ブランドごと消滅する運命にある。詳しい話は、また別の機会に。

▼左上部の突起はスタイラスが収納されている。スタイラスは細くて凄くチープな感じ。
20131019-131238.jpg

Palm Centroでは文字入力はハードキー、アイコン操作も指で不満無くできるので、スタイラスが必要になるシーンは多くない。

▼裏蓋は簡単に開いた。充電池はLi-Ion 1150 mAH。
20131019-131255.jpg

▼左側にはマイクロSDカードスロット。
centro-microsd

▼電池を外すと、SIMスロット。
Centro_EMEI

▼手に持ってみるとかなり小さい。
20131019-131352.jpg

良く知られているPalmのGraffiti手書き入力は搭載されず、文字入力はハードキーで行う。ハードキーとカーソルキー、専用ボタンを利用する事でほとんどの操作は出来てしまうので、タッチを利用する事自体あまり多くはない。そのため、小さいタッチスクリーン画面でも使いづらい局面はあまりない感じだ。

▼PalmOS初代機 Pilot(1996)と、最終機 Palm Centroを並べて記念写真。
20131020-150423.jpg

メーカーUS RoboticsPalm Inc. / AT&T
製品名Pilot 1000Palm Centro
発売年月1996年3月2007年10月
発売時価格/入手価格$299/ $10 @ eBay$299(3年契約)/ $49 @ eBay
CPUMotorola 68328 16MHzIntel XScale PXA270 312 MHz
ストレージ128KB64MB
OSPalm OS 1.0Palm OS 5.4.9
ディスプレイ160×160ドット モノクロ2値320×320ドット 65000色
カメラなし1.3メガピクセル
入力方式感圧式タッチパネル、ハードキー5個感圧式タッチパネル、キーボード
電源単4電池 x 2Li-Ion 1150 mAH
寸法・重量12 x8 x1.8 cm・160g10.7 × 5.4 × 1.85 cm・119g (バッテリ込)

Pilot 1000登場以来、Palm OSは実に13年以上も、携帯デバイス向けのOSとして君臨したことになる。

▼同年に発表された初代iPhoneと並べて記念写真。
20131020-121426.jpg

メーカーPalm Inc. / AT&TApple Inc.
製品名Palm CentroiPhone
発売年月2007年10月2007年6月
発売時価格$99(3年契約)4GB/$499 8GB/$599 (2年契約)
CPUIntel XScale PXA270 312 MHzSamsung 1176JZ(F)-S ARM 412MHz
ストレージ64MB4/8GB
OSPalm OS 5.4.9Apple iOS 1.0
ディスプレイ320×320ドット 65000色

3.5インチ・カラー液晶パネル
480×320 262144色

カメラ1.3メガピクセル2メガピクセル
入力方式感圧式タッチパネル、キーボード静電容量式タッチパネル、ホームボタン
電源Li-Ion 1150mAHLi-Ion 1400mAH
寸法・重量

10.7 × 5.4 × 1.85 cm・119g (バッテリ込)

11.5×6.1×1.16 cm・135g (バッテリ込)

 初代iPhoneが発売されたのが2007年6月。Palm Centroはその約半年後に発売された機種ということになる。仕様を比較してみると、価格も含めて、当時いかにiPhoneのスペックがモンスター的であったかわかる。iPhoneが唯一劣っていた点としては、発売当初からしばらくの間、App Storeがなかった点がある。

2008年8月時点で、米国スマートフォン市場でのCentroは2位 (14.6%)、iPhoneは4位 (7.8%)であった。1位はBlackberry 8100、3位は8300だった。(出典: Admob Mobile Matrix Report August 2008)
初代iPhone発売から暫くの間、Palm CentroはBlackberryに並ぶ好敵手だったことが伺える。一方、Palm OSではもはやiPhoneへの競合は厳しいと悟ったのか、Palm社はPalm OSを捨て、次世代OS webOSの開発にシフトする。

Palm Centroで撮影した写真と動画を紹介しておく。

▼Palm Centroのカメラ(1.3Mピクセル)で撮影した写真。
 Centro_Flower

▼こちらは参考まで、初代iPhoneのカメラ(2Mピクセル)で同じものを撮影した。 IMG_0002[1]

 ▼Palm Centroは動画も撮影できるので撮ってみた。元データは3gp。まあこんなもんだろ。

▼最後にPalm Centroの後継、web OSを搭載したPalm Pre (2009)との記念写真。
20131019-131414.jpg

iPhoneを始めとする、近代スマートフォン対抗として開発されたweb OS。その最初の投入機種がPalm Preとなる。Palm Preに搭載されたweb OSの完成度ときたらハンパない。iOSやAndroidの機能でも、webOSにインスパイヤされたと思われるものが、いくつもある。もっとも、Preの開発チームはiPhoneチームからスピンアウトした連中が牽引していたわけだが。Preは機会があったら、骨董移動端末館で詳しく紹介したい。

以上で骨董移動端末館、第3回、Palm Centro 開封の儀、おしまいー。次回をお楽しみにw