【レビュー】新型Kindle Paperwhiteー防水&フルモデルチェンジ

2012年10月、日本版Kindleストアオープンの熱狂とともに、初代Kindle Paperwhiteが発売されました。あれからもう6年も経ったんですねえ。

初代Paperwhite(2012)以降、Paperwhite(2013)、Paperwhite(2015)とリフレッシュされてきましたが、ボディのデザインはほぼ一緒で、電子インクパネルやCPUなどのアップデートによる、マイナーチェンジしか行われてきませんでした。

今回の新型Paperwhiteは4代目にして初めてのフルモデルチェンジになります。

早速レビューしていきます。

開封の儀

▼到着した新型Paperwhiteのパッケージ。

今までのKindleでは見たことがない、細長く薄ーいパッケージです。

新型Paperwhiteと付属品が、中箱に横から差し込まれていました。

中箱にはツヤのあるインクでKindle PaperwhiteのロゴとTree Boyのシンボルマークが印刷されています。やはりこれまでにないパッケージデザインです。

▼付属品はUSBケーブル、スタートアップガイド、保証規約のみです。

USBケーブルは中箱の下部に、結束テープなしで入っていました。他の電子インクKindle同様、充電アダプタは付属しません。ていうか、今回の薄ーいパッケージでは入れる場所もないですね。

新型Paperwhite前面から。

新型Paperwhiteは、Paperwhiteシリーズでは初めて強化フロントガラスが採用になっています。

▼旧型Paperwhite(手前)とフロント部分を比較。

写真でわかるように、旧Paperwhiteでは額縁部分と電子インクパネル部分に段差がありました。新型PaperwhiteではハイエンドのOasisやVoyage同様に、全面フラットになっており、指の引っかかりがなく、ピンチインなどの操作がスムーズにできます。

ディスプレイパネル、CPUについては旧Paperwhiteと同一のため、電子書籍の表示品質やページ送りのスピードなどは同等に感じられます。

フロントライトのLEDが1個多くなっていますが、若干新型の方が明るく見える気がしますが、旧型のライトが経年劣化しているせいかも知れず、正確にはわかりません。

新型Paperwhite裏面から。

これまでのPaperwhiteシリーズ同様、側面と裏面にはラバーコーティングされており、手から滑り落ちにくくなっています。

新型Paperwhiteを側面4方向から。

底部にμUSBコネクタと電源スイッチがあるのみで、他の面にはスイッチ類はありません。

新旧Paperwhite比較

▼底部部分を新旧Paperwhiteで比較

旧型Paperwhiteでは底部のスイッチ・コネクタ部分に出っ張りがありましたが、新型ではスムーズなデザインに変わっています。

▼Paperwhite全4世代を並べてみました。(タップ・クリックで拡大表示)

左からPaperwhite 2018、2015、2013、2012です。

旧型3世代は全て同じ外形デザインになっており、区別するのが難しいです。見分けるには、裏側のロゴ表記を確認します。

Paperwhite全4世代、裏側。(タップ・クリックで拡大表示)

Paperwhite (2018) =Amazonロゴ(艶消し)
Paperwhite (2015) =Amazonロゴ(艶消し)
Paperwhite (2013) =Amazonロゴ(光沢)
Paperwhite (2012) =Kindleロゴ

で区別できます。参考まで、Paperwhite全4世代の仕様を巻末にまとめておきます。

新型Paperwhiteの旧型からの大きな変更点は、フラットパネル化に加え、小型軽量化、メモリ大容量化と防水対応になります。8GBメモリでは、漫画130冊、32GBなら650冊以上がローカル保存できるとされています(アマゾン調べ)。

Paperwhite(2015)との比較では、厚さが2ミリ、縦横1ミリ小型化され、重量は23g減少しています。持ってみても、実際に軽くなっているのがよくわかります。また、厚さが減って前面がフラット化したため、持ちやすく、操作しやすくなっています。

上位機Voyageを凌駕する性能

今回入れ替わるように、1-2か月ほど前にKindle Voyageの販売が終了しています。実は、今回の新型Paperwhiteの機能と性能は、Voyageに非常に近いものになっており、Voyage後継の位置づけにもなっています。実際に仕様を比較してみました。

▼Voyage / Paperwhite 2018 仕様比較

 Kindle Voyage
(販売終了)
Kindle Paperwhite
(2018)
価格23,980~29,180円13,980~22,980円
ディスプレイ6" E Inkパネル (Carta)
1080x1440 300ppi
反射防止強化ガラス


フロントライト6 LED5 LED
プロセッサFreescale i.MX6SL
1GHz (512MB RAM)

ページ送りボタンタッチキー x4なし
外寸/ 重量162 x 115 x 7.6 mm
180g (WiFi)
188g (3G+WiFi)
167 x 116 x 8.18mm
182g (WiFi)
191g (4G+WiFi)
メモリ容量4GB8GBまたは32GB
使用可能時間最長6週間
ワイヤレス802.11b/g/n
3G (セルラーモデル)
Bluetoothなし

4G (セルラーモデル)
Bluetooth搭載
オーディオなしVoiceView/Audible
(Bluetooth機器経由)
防水機能なしIPX8 (真水2Mで60分まで)

ほとんどの部分で高級機のVoyageに仕様が肉薄しているのがわかります。加えて、Paperwhiteには初の防水仕様と大容量メモリ、Bluetooth搭載など、Voyageを凌駕している部分もあります。日本語環境ではまだ対応していませんが、Bluetoothヘッドフォン経由で、AudibleやVoiceviewを利用することができます。

▼Voyageと新型Paperwhite前面から。

フラットパネル化されて、重量も2gしか変わらないため、新型Paperwhiteは手に持っている感覚もVoyageに近いです。評価中も何回も電源スイッチの位置を間違えたぐらいですw Voyageにある左右のページ送りキーは新型Paperwhiteにはありませんが、機能的に減っているのはこれぐらいではないでしょうか。

Voyageの正統な後継とも言える仕様で、Voyageよりも約1万円も安く購入できる新型Paperwhite、これはかなりお買い得ではないでしょうか。(Voyageユーザとしてはちょっと涙目)

初の防水対応Paperwhite

最後に防水対応の件ですが、新型PaperwhiteはIPX8防水仕様となっています。これはOasis(2017)と同様、以下の仕様になります。

7水に浸しても影響がないように保護する。規定の圧力及び時間で外郭を一時的に水中に沈めたとき、有害な影響を生じる量の水の浸入があってはならない。
8潜水状態での使用に対して保護する。関係者間で取り決めた数字7より厳しい条件下で外郭を継続的に水中に沈めたとき、有害な影響を生じる量の水の浸入があってはならない。

把握したので、Oasisの時と同様、安心して水に沈めてみます。

撮影用に5-6回投入しましたが、特に問題ないようです。でもIPX8はあくまでも常温水対応ですから、熱い風呂水に落とさないように注意してください。

あと、オプションで水に強い純正ファブリックカバーも発売されているようです。

まとめ

新型Paperwhite:初のフルモデルチェンジ

  • フラットパネル化の新デザイン
  • 小型軽量化
  • メモリ大容量化 (8GB/32GB)
  • IPX8防水対応
  • Bluetooth搭載(残念日本語対応未定)

新型Paperwhite: Voyageの正統な後継

  • ハードキー以外殆どの仕様を網羅
  • さらに新機能搭載
  • しかも1万円もお得

新型Paperwhite:こんな方にお勧め

  • 無印Kindleユーザー
    バックライト付高精細パネル、高速、しかも防水にアップグレード
  • Paperwhite 2012/2013ユーザー
    高速(2012)、高速ページ送り機能、軽量、しかも防水にアップグレード
  • 防水Kindleが欲しくてたまらないPaperwhite 2015ユーザー
    まだイケる気がしますが、止めませんw

新型PaperwhiteやKindle・Fire各モデルで、使用上の疑問などありましたら、
下記のエントリもご参考にどうぞ。

【まとめ】Amazon Kindle・Fire Q & A 【FAQ】
Kindle ・ Fire Q & A もくじ (クリックで各項目にジャンプ) 購入前情報 Kindle・Fir...

ふろく

▼現行Kindle比較表

 Kindle Oasis
(2017)
Kindle Paperwhite
(2018)
Kindle
(2016)
Kindle Oasis
(2017)
Kindle Paperwhite
(2018)
Kindle
(2016)
ディスプレイ7" E Inkパネル(Carta)
1680x1264 300ppi
反射防止強化ガラス
6" E Inkパネル(Carta)
1080x1440 300ppi
反射防止強化ガラス
6" E Inkパネル(Pearl)
800x600 167ppi
フロントライト12 LED
自動調光
5 LEDなし
プロセッサFreescale i.MX7
デュアルコア
1GHz (512MB RAM)
Freescale i.MX6SL
1GHz (512MB RAM)
ユーザ・
インタフェース
静電容量タッチパネル
ページ送りボタン x 2
加速度センサー
本体色グラファイト &
シャンパンゴールド
ブラックブラック &
ホワイト
外寸/ 重量159x141x3.4-8.5 mm
194g (WiFi)
194g (3G+WiFi)
167x116x8.18mm
182g (WiFi)
191g (3G+WiFi)
160x115 x9.1mm
161g
メモリ容量4GBまたは32GB8GBまたは32GB4GB
使用可能時間最長6週間
(ワイヤレスOFFで30分/日使用)
最長4週間
ワイヤレス802.11b/g/n
Bluetooth
3G (セルラーモデル)


4G (セルラーモデル)


セルラーモデルなし
オーディオVoiceView/Audible
(Bluetooth機器経由)
防水機能IPX8
(真水2Mで60分まで)
なし
価格29,980~40,980円13,980~22,980円7,980~9,980円

▼Paperwhite 4代比較表 

 Paperwhite
(2018)
Paperwhite
(2015)
Paperwhite
(2013)
Paperwhite
(2012-初代)
ディスプレイ6"E Ink (Carta)
1080x1440
300ppi
反射防止強化ガラス





6"E Ink (Pearl)
758x1024
212ppi
フロントライト5 LED4 LED
プロセッサFreescale
i.MX6SL 1GHz


Freescale
i.MX50 800 MHz
外寸/ 重量167x116x8.18mm
182g (WiFi)
191g (4G+WiFi)
169x117x9.1mm
205g (WiFi)
217g (3G+WiFi)

206g (WiFi)
215g (3G+WiFi)

213g (WiFi)
222g (3G+WiFi)
メモリ容量8GB
32GB
4GB
32GB
(マンガモデル)
4GB
(US版は2GB)
2GB
使用可能時間最長6週間
ワイヤレス802.11b/g/n
LTE (4G+WiFi)
Bluetooth搭載

3G (3G+WiFi)


オーディオVoiceView/
Audible
(Bluetooth経由)
なし
防水機能IPX8
(真水2M60分迄)
なし