スポンサーリンク

【レビュー】New Fire HD 10 タブレット(2021年モデル・第11世代)

Android

5月26日出荷開始の新型Fire HD10(2021)が到着しました。
私は一世代前のHD10(2019)は購入を見合わせたため、手持ちのHD10(2017)から4年ぶりの新型機種購入となります。

カラバリはデニムにしました。
新型Fire HD10(2021)、さっそくレビューします。

新型Fire HD10(2021): 横使いメインに新設計された筐体

 

いつもの簡易型のパッケージを開けると、新型Fire HD10(2021)本体(デニムカラー)と、9W USB充電アダプタ(USB A端子) と簡易説明書類が出てきました。前モデルからHD10のUSB端子はType-Cになっていますので、付属のUSBケーブルもUSB A – USB type-Cに変わっています。

旧型の2014/2017年モデルは、縦使いメインでデザインされており、ロゴやインカメラは縦置きになっていました。新型Fire HD10(2021)からは横使いのかなり丸みのあるデザインに変更になっています。

▼Fire HD10(2021)の裏側。ロゴが横位置表示。

▼ロゴを上下合わせて持つと、インカメラが上に来ます。
加えて、ステレオスピーカーも上にセットされています。

タブレットを横位置で使う時って、ほとんどの場合スピーカーの位置は下が多いと思うんですが、なんで上に付けたんだろう。

▼横位置下部には最大1TBまで対応したマイクロSDカードスロット

▼横位置右側面には、音量ボタン電源スイッチ、マイク2基、Type-Cコネクタ、イヤフォンジャックが集中して配置されています。

新型Fire HD10(2021): セットアップ

Amazonから直接購入した場合、Fireタブレットの設定はとても簡単です。

▼Amazonデバイスの製品ページには、下記のようなチェック項目があります。

『端末をアカウントにリンクする(簡単セットアップ)』をチェックしておいたので、到着した新型Fire HD10(2021)は、自分のアマゾンアカウントと紐づけがされており、初期設定は言語設定に日本語を選ぶだけでラクラクでした。

他のAmazonデバイスで『Wi-FiパスワードをAmazonに保存』をチェックしておいても、なぜか新しい機種では新規にWiFiの設定をさせられましたが、新型Fire HD10(2021)ではWiFiも勝手に認識してくれました。

▼初期設定終了後の新型Fire HD10(2021)ホーム画面

ディスプレイが新型になったようで、Amazonによれば10%明るくなったとのこと。
実際に画面をみると明るさ以外に、かなり表示力が上がっている印象です。
良い液晶パネルを使っているのでは。

Fireタブレットシリーズでは HD10が最も解像度とPPI(インチあたりピクセル数)が高く、電子書籍など文字を読むのをメインで利用する方は新型Fire HD10(2021)がお勧めです。

 
 Fire 7
(2019・第9世代)
Fire HD8/HD8 Plus
(2020・第10世代)
Fire HD10/HD10 Plus
(2021・第11世代)
ディスプレイ7″ IPS液晶
1024 x 600 171ppi
8″ IPS液晶
1280 x 800 189ppi
10.1″ IPS液晶
1920 x 1200 224ppi

新型Fire HD10(2021): 旧モデルとの形状比較

新型Fire HD10(2021)、手に持ってみると旧型モデルと比べて重量バランスが良く、軽くて持ちやすく感じます。

新型Fire HD10(2021)、旧2017/2019モデルと比較して重量で約40グラム軽くなっています。
実際に持つともっと軽く感じるのは、縦の長さが15ミリも短くなった点も貢献しているからでしょう。

実際に旧Fire HD10(2017年モデルを使用ー2019年モデルも同サイズ)と並べて比較してみます。

▼画面位置でそろえた縦位置の旧FIre HD10(2017)と新Fire HD(2021)

新Fire HD(2021)は縦の額縁部分が随分短くなったのがわかると思います。
逆に、横は7ミリ長くなっています。
おかげで新型Fire HD10(2021)は縦位置で持った時の重量バランスがかなり良くなりました。
旧型は縦長のため片手で下部を持つと上部が重くて長時間持つのはかなりシンドイです。

旧FIre HD10(2017)と新Fire HD(2021)を縦方向で比較

ロゴが横向き配置になり、矢印だけになりました。
文字が入っていない方が縦でも横でもデザイン的に気にならないのでいいですね。
新型Fire HD10(2021)ではメインカメラの位置が反対側に移動しています。

新型Fire HD10(2021): 旧モデルとの仕様比較

新型Fire HD10(2021)と2017/2019年モデルで仕様がどのように変わっているか一覧表を作成しましたのでご参考にどうぞ。

▼Fire HD 2017/2019/2021モデル仕様比較

 Fire HD10
(2017・第7世代)
Fire HD10
(2019・第9世代)
Fire HD10/HD10 Plus
(2021・第11世代)
ビルドコードKFSUWIKFMAWIKFTRWI
ディスプレイ10.1″ IPS液晶
1920 x 1200 224ppi


プロセッサMediaTek MT8173
クアッドコア
1.8GHz x 2 1.4GHz x 2
MediaTek MT8183
オクタコア
2.0GHz


GPUPowerVR GX6250 GPUARM Mali-G72 MP3 GPU
カメラインカメラ 0.3Mp
リアカメラ 2Mp
インカメラ 2Mp

リアカメラ 5Mp
ユーザ・
インタフェース
10点マルチタッチ
電源、音量スイッチ


日本語AlexaハンズフリーAlexa
Showモード対応


本体色ブラックブラック
ブルー
ホワイト
ブラック
オリーブ
デニム
外寸/ 重量262 x 159 x 9.8 mm
500g
262 x 159 x 9.8mm
504g
247 x 166x 9.2mm
465g
メインメモリ2GB3GB
4GB(Plus)
ストレージ
容量
32/64GB
SDカード最大256GB

SDカード最大512GB

SDカード最大1TGB
OSバージョン
(出荷時)
Fire OS 5
(Android 5.1ベース)
Fire OS 7.x
(Android 9ベース)

外部接続マイクロUSB
マイクロSDXCカード
USB Type-C

使用可能時間最大10時間最大12時間
ワイヤレス802.11a/b/g/n/ac
デュアルバンド


Bluetooth4.1LE4.2LE5.0LE
オーディオステレオスピーカ
Dolby Atmos


Qi対応なしHD10 Plusで対応
価格32GB:15,980円
64GB:19,980円

32GB:15,980円
64GB:19,980円
32GB Plus: 18,980円
64GB Plus: 22,980円
Fire HD10
(2017・第7世代)
Fire HD10
(2019・第9世代)
Fire HD10/HD10 Plus
(2021・第11世代)

比較表を見るとわかりますが、新型Fire HD10(2021)1世代前の2019年モデルと比較した場合、リアカメラのピクセル数が2Mp→5Mpに増え、メインメモリが2GB→3GBに増えたぐらいしか大きな変更点はありません。2019年モデルのユーザーには、ぶっちゃけ筐体と軽量化以外大きな買い替えメリットないです。

一方、2017年モデルからはプロセッサとGPUがより高性能な新型に変わった上、CPUコア数が2倍の8コアに増えています。

新型Fire HD10(2021)ではインカメラの解像度が2Mピクセルになっています。

一方、Fire HD10 2017年モデルのインカメラは0.3Mピクセルと驚異の低性能です。

0.3Mpカメラの性能がどれほどのものか、実際に撮影してみます。

▼2017年モデルの0.3Mpインカメで撮影した印刷物はこちら。

フルサイズで640×480ドットでは自撮りはもちろん映えませんし、Zoomでテレワークも無理でしょうねえ。

▼新型Fire HD10(2021)の2Mpインカメで撮影したのがこちら。
(640×480に縮小、タップで実解像度の画像表示)

綺麗に撮影できています。これなら自撮りやビデオ会議も問題なさそうです。
Fire HD 10(2017)だけではなく、2017年モデルのFire HD 8、無印Fireも0.3Mpのインカメラが搭載されています。
プロセッサ・GPU性能の大幅なアップグレードに加えてインカメラの性能も向上しているので、2017年(第7世代)以前のFireシリーズをお持ちの方には新型Fire HD10(2021)への買い替えは勧めです。

新型Fire HD10(2021): ベンチマーク

新型Fire HD10(2021)で追加アプリのインストールや、設定作業をしているだけで、かなり性能が高い事が実感できます。
実際にどの程度性能の差があるのか、ベンチマークアプリで計測してみました。

▼まずはCPUの基本性能を計測するGeek Benchで計測

シングルコア性能で1.11倍、マルチコア性能で2.16倍と出ました。
Fire HD(2017)のCPUは1.4Gx2コアと1.8G x2コアの構成。対して新型Fire HD10(2021)は8コア全てが2GHz動作ですから、順当な結果と思います。

もう一つ、複数のアプリケーションの利用シナリオを実際に計測する”Work 3.0″というベンチマークでも計測してみました。

結果は1.36倍と出ました。

まとめ (的な)

 

  • 新型Fire HD10(2021)、4年ぶりの新筐体で軽くなり、持ちやすさが向上
    • 旧型ユーザーならわかるバランス悪くて持ちづらい旧筐体から進化
  • 2014年以前のFireタブレットユーザーの買い替えにおススメ
    • 新型2.0GHz 8コアCPU/新型GPU搭載で動作はキビキビ
    • 新型液晶は明るくてキレイ
    • インカメラの解像度6倍超。テレワークや自撮りに使用可
    • 充電がUSB Type-Cになって地味に便利

またもう少し使い込んで追記します。

付録

▼最新Fire HDシリーズ比較表

 Fire 7
(2019・第9世代)
Fire HD8/HD8 Plus
(2020・第10世代)
Fire HD10/HD10 Plus
(2021・第11世代)
ビルドモデルKFMUWIKFONWI
ディスプレイ7″ IPS液晶
1024 x 600 171ppi
8″ IPS液晶
1280 x 800 189ppi
10.1″ IPS液晶
1920 x 1200 224ppi
プロセッサMediaTek MT8163V/B
クアッドコア
1.3GHz
MediaTek MT8168
クアッドコア
1.3GHz
MediaTek MT8183
64ビットオクタコア
2.0GHz
GPUMali-T720 MP2Mali-T720 MP2ARM Mali-G72 MP3 GPU
カメラインカメラ 2Mp
リアカメラ 2Mp


リアカメラ 5Mp
ユーザ・
インタフェース
10点マルチタッチ
電源、音量スイッチ


日本語AlexaハンズフリーAlexaハンズフリーAlexa
Showモード対応

本体色ブラックブラック
ブルー
ホワイト

オリーブ
デニム
外寸/ 重量192 x 115 x 9.6mm
286g
202 x 137 x 9.7mm
355g
247 x 166x 9.2mm
465g/468g(Plus)
メインメモリ1GB2GB
3GB(Plus)
3GB
4GB(Plus)
ストレージ
容量
16/32GB
SDカード最大512GB

SDカード最大1TB

32/64GB
OSバージョン
(出荷時)
Fire OS 6.x
(Android 7.1ベース)
Fire OS 7.x
(Android 9ベース)

外部接続マイクロUSB
マイクロSDカード
USB Type-C
USB Type-C
使用可能時間最大8時間最大12時間最大12時間
ワイヤレス802.11a/b/g/n
デュアルバンド
802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth4.1LE5.0LE
オーディオ モノラルスピーカ

マイク x 1
ステレオスピーカ
Dolby Atmos
マイク x 1


マイク x 2
Qi対応なしHD8 Plusで対応HD10 Plusで対応
価格16GB:5,980円
32GB:7.980円
32GB:9,980円
64GB:11,980円
32GB Plus: 11,980円
64GB Plus: 13.980円
32GB:15,980円
64GB:19,980円
32GB Plus: 18,980円
64GB Plus: 22,980円
Fire 7
(2019・第9世代)
Fire HD8
(2020・第10世代)
Fire HD10/HD10 Plus
(2021・第11世代)

諸々リスクあるのでお勧めはしませんが、Google PlayはFire OS 7用のapkを順番に入れたら普通に入りました。

 

▼ちなシステムの端末モデルバージョン表示が第10世代とありますが、第11世代の間違いです。

タイトルとURLをコピーしました