Bluetooth ステレオヘッドセット、Jaybird BlueBuds X購入

2代目を愛用中のPhilips Tapsterが完全に生産終了、国内外でも扱っているところがなくなってしまった。Tapsterはもともと国内取り扱いもなく、あってもえらい高かったのでわざわざeBayで並行輸入で入手してた。タッチセンサーでコントロール、近接センサーで耳から外すと自動的に停止、しかも低音がすばらしい個人的に最高の代物。おしい品を無くした。

Tapster完全死亡の報でなんとなくスイッチが入ってしまい、後継にできる軽量かつ高音質なBluetoothヘッドセットがないかと探すこと数時間、BlueBuds Xというよさげなヤツを発見、早速購入してみた。

オーディオ製品の文章レビューってどうよと思ったが、使用3日ぐらい立ったので所感も併せてエントリを書いてみるテスト。

BlueBuds X、割合高価格なこともあり、外箱からしてかなりな高級感。ここから開けろという目印の布の黄色テープまでついてる。
20130423-123327.jpg

▼開封すると、また丁寧に黄色の引き出しテープ。中からは保証書、割引クーポン、マニュアル類が最初にでてきた。
20130423-123401.jpg

正直、ムダだろと思うほどのおもてなし感がパッケージのそこかしこに。

BlueBuds X梱包内容一式。本体と収納ケース。
20130423-123507.jpg

▼収納ケースの中には大中小のイヤパッドと、BlueBuds Xのシンボルであるところの羽も大中小。あとコードクリップ
20130423-123442.jpg

▼どうみても専用に製造した、Jaybirdロゴ入りの極短きしめんケーブルもついてた。正直いらない子。
20130423-123454.jpg

▼他のヘッドセット類との比較。
左からPhilips Tapster (生産終了ザンネン) 、Plantronics BackBeat GoBlueBuds XApple In-Ear ヘッドセット
羽がついてなければ、BackBeat Goと同じ程度の大きさかな。
20130423-123431.jpg

リモコンのコントロールは、3つボタンタイプだが、Apple純正とは若干異なる。写真だと上下のボタンがボリューム大小兼長押しで曲送り戻し。あとは真ん中の停止ボタンが電源と発着信関係のコントロール。便利なのは、音声で”Power off”、”Headset Connected”等と案内してくれるところ。

▼iOSのバッテリ残量表示に対応しており、本体バッテリマークの隣に、BlueBuds Xの残量も表示される。
BackBeat Goもできるけど、これってBluetoothの何の仕様でやってるんだろ。
20130423-124333.jpg

で、さっそく装着させてもらった。羽を耳に押し込むのに若干コツがいるが、装着感は良好。ミュージック、すったあと!

えっ

なんか音スカスカじゃね?BackBeat Go (スカスカ過ぎてで使うのやめた)ほどじゃないけど。。

ヤバイ、また外れ掴んだかorz

買ってしまったので仕方ない、イコライザ色々弄ってなんとか聞ける状態に、、まいっかぐらいの結果。

でもTapsterよりは解像感高いし、、

などと自分を納得させて使ってみて1日後。

アレ?

高音・低音 スゲー伸びてね?イコライザ外してもズッタンズッタンいい音してる。楽器の音もクッキリ分離されて聞こえるし、音場感もTapsterよりよろしい。

なるほど、ドライバの慣らしが必要だったわけね。言われてみればどっかのレビューに書いてあった気もする。

最終的に、音質にも大変満足

あと、羽の件。3日経ってやっと気がついたけど、このヘッドフォン、スポーツ仕様にもなっていて、羽はスポーツ時の落下防止用らしい。外したら普通に使えたので羽はおクラ入りに。Bluetoothヘッドセット特有の、電波切れによる音飛びもほとんどない。

付属のクリップでコードも短くして、カバンの中でコードも絡まず大変快適。
20130424-231437.jpg

超軽量・高音質Bluetoothヘッドセットお探しの方、BlueBuds Xかなりお勧めです。

有線ヘッドセットしか使ったことない方、降りる駅であわててコードのしまい方でオタオタすることもない、Bluetoothヘッドセット、一度お試しあれ。

追記: その後、Bose QuietComfort 20iも購入。Bose初のインイヤー型ノイズキャンセリング・ヘッドフォン。こいつの消音性能が凄い、というか凄まじい。ご興味があれば以下のエントリもご覧のほど。

Bose QuietComfort 20i購入・速攻レポ ― 圧倒的な消音性能に驚き