【iPhone_JB】redsn0w 0.9 beta3 リリース

アップデート:
正式版の0.9がリリースされている。詳しくは、下記のエントリへ。
【iPhone_JB】redsn0w 0.9 正式版リリース

redsn0wに限らず、jailbreakツールの利用は自己責任で。
最悪iPhone/iPod Touchが起動不能になる。
jailbreakが原因の修理は保証期間内でも有償らしいので注意。


MusclenerdがTweetで予告していた、redsn0wの3.1.2対応版がリリースされた。

まだ当方では試していないが、Dev-Team サイトから情報を超訳しておく。
あくまで参考に。作業する場合は原文を読むこと。


redsn0w 0.9beta3 て何?

iPhone & iPod Touch向けの、クロスプラットフォーム jailbreak、アンロック、カスタマイズツール。カスタマイズには、ブートロゴ、リカバリーロゴおよび “verbose(ログ出力つき)” ブートが含まれる。iTunesは使用しない、スタンドアロンのプログラムになっている。(カスタムIPSWは使用しない)
ダウンロードは、元ページの一番下にリンクがある。(その前に必ず原文にすべて目を通す事!)

redsn0wは、これまで何年もの間、色々な状況で使用されてきた。(poorlandのWindowsバージョンのQuickpwnも含む)
最近では、Apple ファームウェア3.0/3.1向けにredsn0w 0.8で使用された。


どのデバイス、プラットフォーム、ファームウェアがサポートされているか?

今回のベータでは下記をサポート:

  • iPod Touch 3Gを除く、全てのバージョンのiPhoneとiPod Touch
  • WindowsとMac OSX (x86)
  • Apple ファームウェア 3.0 および 3.1.2

ベータが終了次第、iPod Touch 3G、PPC版 OSX、およびLinuxをサポート予定。

アンロックが必要な場合、iPhone 2Gではツール自体でサポート ( BootNeuter ユーティリティのインストールによる). 3Gと3GSの場合は、jailbreak終了後、Cydiaからultrasn0w (ベースバンド 04.26 推奨) または blacksn0w (ベースバンド 05.11)をインストール。


Pwnage Toolとの相違点は?

redsn0wは、Pwnage Toolの様に、復元作業を必要としない (実際のところiTuesすら使用しない). 一方、Pwnage Toolでは、アンロックの機能を損なわないように、ファームウェアアップグレード時に、ベースバンドのアップグレードを防ぐことができる。. (redsn0wはベースバンドには手を加えないが、ファームウェアアップグレード時にベースバンドのアップグレードを防ぐ機能はない


Blackra1nとの相違点は?


  • iPhone 2G, iPhone 3G, および iPod 1G向けのオリジナルのPwnage ブートROM exploitを使用する。 (ブートROM exploitであるがゆえ、Appleは新しいハードウェアのリリース時にしか、修正が不可能)
    ただし、redsn0w 0.9は、3.1.2のiPhone 3GS、iPod Touch 2GではUSB exploitを使用しているため、Appleの次のファームウェアリリースでは修正される可能性がある
  • カスタムロゴと、verbose ブートのサポートIt offers custom logos and verbose boot
  • 個別のインストールなしで、自動的にCydiaをインストール
  • あれほど速くねぇ 🙂 (でも redsn0w はより多くの機能がある :))

後期モデルを使ってる場合は?

もし、iPhone 3GSの後期モデル(新ブートROM) またはiPod Touch 2GでシリアルナンバーがMCで始まるモデルを使用している場合、redsn0wを使用することはできるが、”tethered” jailbreakに制限される。つまり、デバイスのリセットをする度に、コンピュータに接続する必要がある。また、これらのモデルではカスタムロゴは使用出来ない。

iPhone 3GSやiPod Touch 2Gで、これらのモデルに該当するかどうか、redsn0wは問い合わせ表示を出す。もし、後期モデルを使用しており、正しく答えなかった場合、システムの復元をやり直すハメになる可能性が高い。

後期モデルを何らかの理由でリセットし、tetheredブートをする場合には、redsn0wを起動して、“Just boot tethered right now” を選択するか、blackra1nを実行すればよい。


すでにjailbreak済みの場合は?

もし何らかの方法でjailbreak済みの場合でも、redsn0wはブートロゴを変更したり、オリジナルのロゴに戻したり、verdoseブート表示の切替に使用することができる。 “Already Pwned” を選択すれば、jailbreakモードに入るためのステップを省略することができる。


どのぐらい時間がかかるか

Jailbreak開始後(カスタム選択を行ってから)、ドライブの画像(“Downloading Jailbreak Data”) が30秒以内に表示される。その後、リブートされ、作業の続行中は”走るpwnapple” が表示される。その後1-2分ほどで作業は終了し、再度リブートすれば終了。


安全なの?

1月の中旬ごろから、IRCとうちのブログにいた有志がテストを行っている。というわけで、まだベータ版であり、何か起こったら、システム復元を行う必要があるかもしれない…というわけで、ベータ版実行前には、必ずデータや画像などを同期・バックアップしておくこと。


ベータへのフィードバック

iPod Touch 3G、PPC版 OSX、およびLinuxのサポートが可能になるまで、redsn0wはベータ段階とする。この期間中、フィードバックが何かあれば、Musclenerd (gmailかiphone-dev.orgあて)まで。または、#redsn0w タグをつけてtweetしてくれてもいい。使っているデバイス、OSおよび、発見した問題について、詳細を明記のこと。


ダウンロード

Dev-Team サイト へどぞ。