スポンサーリンク

【iPhone_JB】 オレゴンに行って、3GSでAT&T GoPhoneとGoogle Voice使ってきた

しばらくブログの更新を休んでしまっていたが、先週は仕事でオレゴンに行っていた。

AT&Tのプリペイド携帯、GoPhoneのSIMを利用し、Blacksn0wでアンロックした3GSで利用、Google Voiceなどもテストしてきたので、まとめておく。

関連の下記エントリも、今回の渡米での利用情報を追記、更新しておいたので、GoPhone/Google Voice利用に興味のある方は、ご参考まで。

【iPhone】 アメリカのGophoneプリペイドSIMを使う方法 【まとめ】

【iPhone】 Google Voice + GV Mobile (JB App)の登録、利用 【まとめ】

注意: AT&T GoPhone SIMの利用には、Jailbreak環境が必要な、Ultrasn0wまたはBlacksn0wなど、またはApple純正アンロックのiPhoneが必要。

▼ちなみに、これが今回の宿泊ホテル、Courtyard Marriott
宿泊者は無料でWiFiでの接続ができる。おかげでGoPhone MediaNetの料金が節約できた。
IMG_0444


ホテルに到着後、すぐにGoPhoneの利用契約をオンラインで行った。

Activate Your Phone GoPhone アカウントのアクティベートページ

▼まず、使う地域のZIP Codeと、手持ちのAT&T GoPhone純正携帯のIMEIを入力。
ここで入れるZIP Codeで、SIMの市外局番が決まるので、現在の滞在場所のZIP Codeを入れるとよい。
下記画面では95134とあるが、これはサンノゼ地区のもので、(408)が市外局番になる。

gophone_activate_1stp


▼手元には、事前に利用料金(リフィル)が付属していないAT&T GoPhone SIMを入手してあったので、そのSIMカード番号を入力。
注: リフィルつきのGoPhone端末パッケージは、付属の端末にSIMが紐付けされて、iPhoneで使えないケースが多い。

gophone_imeiinput


住所などを入力する画面では、当然アメリカの住所はないので、適当に入力。

料金プランは、mobile to mobile $1にした (利用した日は$1支払い、AT&T携帯同士は無料、それ以外は10セント/分)

アクティベートが完了したら、新規の携帯番号が付与される。


このままだと、利用料金がゼロのままなので、次はリフィル(プリペイド利用料金の追加)を行う。

GoPhone Refill 利用料金のリフィル

通常、GoPhoneではリフィルカードの番号を入れてリフィルを行う。これ以外には、アメリカの銀行やクレジットカードでリフィルができる。


▼今回、無理やり日本の銀行のクレジットカード番号をいれてみたが、うまくリフィルできてしまった。
とりあえず、$25分をリフィルした。
GoPhone_creditcard


この状態で、GoPhone SIMをiPhoneに入れれば、音声通話はできる状態になっている。
だが、データ通信料金は高額なので、MediaNetというパケット割引オプションを設定する必要がある。

Pay As You Go Online 利用者情報の変更、MediaNetの購入など


▼上記のページの、Buy Feature Packageから、Data 100MB($19.99)を選択。
これを購入すれば、通信料100MBまではパケ放題になる。

gophone_buyfeatures


これで、GoPhone側の設定はあらかた終了。

次に、3GS側にAT&T GoPhoneのAPNを設定。

APN: wap.cingular
ユーザ名: WAP@CINGULARGPRS.COM
パスワード: CINGULAR1

APN設定方法としては、

  • iPhone Configuration Utility を利用して作成したキャリアプロファイルを、母艦からアップロード
  • www.unlockit.co.nz にWiFi経由でiPhoneからアクセス、US-AT&Tを選択、作成したプロファイルをインストール
  • Supreme Preferences 3.0 (要JB) でCellular Data Editingをオン、表示されたパケット通信の項目からAPN情報を入力

があるが、今回はSupreme Preferencesで、上記APNを設定した。

おk!

というわけで、早速Mapを使って、最寄のApple Storeに行ってみることにした。


▼知らない場所でも、Mapが自由に使えると非常にありがたい。道々確認して、問題なく現地まで行けた。

IMG_0428


しかし、すっかり忘れていたが、Mapは地図データの読み込みに、非常にデータ通信帯域を使う。Apple Storeに行くのに、往路ずっとMapを使っていたため、かなり通信を行ったらしく、1日半ぐらいで、100MBの割り当てを使い切ってしまったw 以後気をつけていたので大丈夫だったが、Mapの利用は、必要なポイントだけに抑えておいたほうが良いかと。

▼Portland Pioneer PlaceのApple Storeに到着ー。
ちなみに、Store周辺では、WiFiが無料で使える。ありがたい
AppleStore_Portland


Apple Storeで買い物をしたら、面白いものにお目にかかった。

▼最新の、iPod TouchベースのPOSシステム。
レーザーのバーコードリーダや、クレジットカードスキャナ内蔵。クレカのサインはもちろん指で。
日本のApple Storeにはもう導入されたのかな?

IMG_0432

▼折角なので、セカイカメラでお約束の…。
帰る前に消そうと思ったが、忘れてしまったw

IMG_0433

電話はもちろん、Twitterも日本にいるときの様に、ばりばり使えて大変快適だった。
ソフトバンクの国際ローミングでやってたら、間違いなく数十万円コースだ。

今回の渡米では、電車と徒歩で移動、MapやTwitterをかなり使ったので、結果としてMediaNet 100MBを3回分購入することになった。$25リフィルを3回、合計$75の出費になった。

あとは、今回初めてGoogle Voiceの利用をテストしてみた。
Google Voiceに関して詳しくは、こちらのエントリを参照のほど。

Google Voiceの設定から、転送先を今回のGoPhoneの番号に設定すると、問題なく利用できた。

通話には、Cydia AppのGV Mobileを使用した。

▼Google Voice経由で電話をする際には、GV Mobileのダイアラから、相手先の電話番号を入力する
IMG_0472

その後、以下のことが起きる。

  1. GV Mobileのダイヤラが、自動的にGooglePBXの番号に電話、相手先の番号を転送、切断。
  2. Google Voice PBXからiPhoneに自動コールバックが行われる。呼び出し元番号は自分のGoogle Voice番号になっている。
  3. iPhoneで応答すると、その時点でGoogle PBXが相手先の呼び出しを開始する。
    この際、相手先には、Google Voiceの番号から発信されているように表示される。
  4. 通話相手が受話したら、普通に会話できる

音声通話品質は問題なく、普通の電話のように利用できる。SMSもGoogle Voiceの番号から送信できた。
GoPhoneのMobile to Mobile契約だと、発信、着信料が発生してしまうので、料金的なメリットはあまり無い。
が、Google Voiceの番号は永久に利用できるので、これを現地の友人などに伝えておけば、契約が切れると毎回変わってしまう、GoPhoneの番号を利用するよりも便利である。

それよりも、今回感心したのは、Google Voiceの国際電話料金の安さである。 Google Voiceの国際通話料金表はこちら
日本の固定電話 まで、たった3セント・分。携帯電話までは14セント・分。実際に3分ほど、日本の自宅あてに通話してみたが、音声品質は良好、遅延もあ まりない。
Google Voiceアカウントには、無料で数ドルの国際電話クレジットがついて来るが、それで間に合ってしまったぐらいだ。

Google Voiceの純正iPhone Appは、Appleに却下されたので、現状CydiaのGV Mobileを使うことになる。
この場合、SIMアンロック環境に加えて、Jailbreakが必須となる。

しかし、GoogleはwebベースのGoogle Voiceも提供している。

▼かなりしょぼいインタフェースと機能だが、一応手入力で電話をすることはできた。
IMG_0487


まとめ:

普段どおりにiPhoneが使えて、非常に快適だった。アメリカの街角で、普通にTwitterできたのも気持ちよかった。
Google Voiceの国際通話料金は、神。これだけでもJailbreak & アンロックする価値があるかも。


タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught Error: Call to a member function listFiles() on null in /home/peer2/www/sjdojo/wp-content/plugins/w3-total-cache/CdnEngine_GoogleDrive.php:595 Stack trace: #0 /home/peer2/www/sjdojo/wp-content/plugins/w3-total-cache/CdnEngine_GoogleDrive.php(615): W3TC\CdnEngine_GoogleDrive->path_get_id('sjdojo/wp-conte...') #1 /home/peer2/www/sjdojo/wp-content/plugins/w3-total-cache/Cdn_Core.php(738): W3TC\CdnEngine_GoogleDrive->format_url('sjdojo/wp-conte...') #2 /home/peer2/www/sjdojo/wp-content/plugins/w3-total-cache/Cdn_Plugin.php(1226): W3TC\Cdn_Core->url_to_cdn_url('https://peer2.n...', 'sjdojo/wp-conte...') #3 /home/peer2/www/sjdojo/wp-content/plugins/w3-total-cache/Cdn_Plugin.php(911): W3TC\_Cdn_Plugin_ContentFilter->_link_replace_callback_ask_cdn('"https://peer2....', '"', 'https://peer2.n...', 'sjdojo/wp-conte...') #4 [internal function]: W3TC\_Cdn_Plugin_ContentFilter->_link_replace_callback(Array) #5 /home/peer2/www/sjdojo/wp-content/plugins/w3-total-cache/Cdn_Plugin.php(935): preg_replace_callback('~([" in /home/peer2/www/sjdojo/wp-content/plugins/w3-total-cache/CdnEngine_GoogleDrive.php on line 595