【iPhone】 Discoverがアップデート・コミックJPG表示能力が大幅改善

juice_pack

昨日のエントリ、

iPhoneを超高速ストレージ&ビューアーにできた! その2

で書いたDiscoverのJPEGビューアとしての問題点:

どうもDiscoverのJPG表示機能に問題がある模様。ま、読めないこともないが・・DiscoverのJPEG表示機能アップデートと、他にたくさんあるファイル転送系ソフトが、写真フォルダ下を直接読めるようになってくれる事を期待したい。

それから、わずか1日。Discoverがもう0.9.5にアップデートして、JPEG表示時の問題がなくなってしまった件。

今一度JPEGコミック画像で確認してみる。

▼こちらがDiscover旧バージョンでの拡大画像ぼやぼやーん。

▼Discover新バージョンでの拡大画像。おお、たいへん鮮明に見えるようになった。
電車の中の読書などに、十分すぎるぐらいのクオリティの高さ。

▼ちなみにこちらは、Air Sharingでの拡大画像。
Air Sharing、Discoverともタップ1回で、ファイル名や画像の送りボタンの表示・非表示が切り替えられるから、JPEGリーダーとしての利用に向いている。

Discover新バージョンは、JPEGビューアとして、Air Sharingとほぼ同等になった。と思いきや、意外な事実が判明。

▼Discover新バージョンでの、全ページ表示。iPhoneで見ると、こんなに小さい字なのに、なんだかとても読みやすい。つか、Air SharingやiPhone写真Appを含め、他のビューアー系アプリでは読めない字まで、きっちり読めてしまう。

▼これまで、コミックリーダーとして活用してきた、Air Sharingでの全ページ表示。なんだか、縮小された字が、Discoverと比べると読みにくい。どうしてなんだぜ?

原因を探るために、この2つの全ページ表示の一部を、母艦上で300%拡大してみた。

▼Discover新バージョン 300%拡大

▼Air Sharing 300%拡大

なんということでしょう!Disover新バージョンは、縮小表示時のアンチエイリアシング性能が、Air Sharingよりもずっと高かったのであった。しかも、拡大しなくてもiPhoneの全ページ表示で、大概のセリフ文字は読めてしまう。ありがたやありがたや。2つの拡大画像を比較してみると、Air Sharingではエッジが立って見えるが、Discoverよりも多く情報を取りこぼしており、結果として読めない字がでてきている模様。

まとめ: iPhone上のJPGコミックビューアーと転送ソフトは、i-FunBoxとDiscoverでキマリ。朝忙しい時でも、母艦とシンクケーブルでつないで、i-FunBox上からコミックの入ったフォルダごと、100APPLEに高速転送。あとは見るだけ~。

ちゅうか、こらえ性ないから、昨日またもう一個買っちゃったよ、ファイル操作ソフト – 右下のMobile Studio。

結果: だめ、こいつ画像表示時に、ファイル名とかページ送りボタン消せないし。100APPLEの下に作ったフォルダも読めない。
とうとうファイル操作系アプリ、全部で8本にもなってしまった、ファイル操作ソフトの比較エントリでも書くかな?

比較レポ欲しい方、挙手ノ

Belkin Tunecast