Nokia初のAndroidベース・スマートフォン、Nokia X 開封の儀

メーカーNokia
製品名

Nokia X Dual SIM

CPU

Qualcomm MSM8225 Snapdragon S4 Play
Dual-core 1 GHz Cortex-A5

メモリ/ ストレージ512MB RAM/4GB SSD
ワイヤレス

HSDPA 900 / 2100
GSM 850 / 900 / 1800 / 1900
802.11abgn、Bluetooth 3.0+EDR

OSAndroid 4.1.2ベース、Nokiaカスタム
ディスプレイ4インチ 480 x 800 ドット (233ppi)
カメラ背面315万画素
入力方式2点マルチタッチ静電容量タッチパネル
電源Li-Ion 1500mAh (10.5時間)
寸法/ 重量115.5 x 63 x 10.4 mm / 128.7g(バッテリ込)
購入価格$199
ポート類

マイクロUSB x 1、マイクロSDXCカードスロット、SIM x 2

Microsoftに携帯事業を売却、既存路線のWindows Phoneをさらに強化していく流れ、と思われたNokia。何をトチ狂ったかMWCでAndroidベースのNokia Xシリーズを発表。そのローエンドラインのNokia X Dual SIMモデルがインドから到着したので、いつもの開封の儀。

撮影ロケ地: 台湾*     *注: ギテキとか関係ありませんから

▼外箱。写真だとわかりにくいが、一目でわかる、かなり安っぽい紙箱。
20140318-112005.jpg

 

希望小売価格、$150ほどのローエンド・スマホなので、おもてなしが安っぽいのは仕方ないかなと。インドや中国など、Nokia Xのメイン市場となる途上国では、デュアルSIM対応が一般的。でもNokiaほどの端末メーカーが展開するのは珍しいんじゃないかな。購入はインドの業者から、eBay経由で。大分マージン載せて売ってるのを、若干値引きしてもらって、$199で落札。

▼早速開けてみる。
20140318-112019.jpg

▼箱を開けると、これまた安っぽいビニール袋に入った本体がこんにちは。
20140318-112040.jpg

Nokia Xはカラバリが豊富なんだが、折角なんで押しカラー=センターのグリーンをチョイス。

▼梱包物全部。本体と、インド仕様のでっかいACアダプタ、バッテリ、簡易説明書と真っ赤なヘッドフォン。
20140318-112053.jpg

Nokia X本体を色んな角度から。現物はマジ目に染みる、どハデなグリーン。

▼ボリュームと電源ボタン。カメラは315万画素。
20140318-112125.jpg

▼反対側の側面には何もナシ。
20140318-112157.jpg

▼底部にはマイクロUSBコネクタ
20140318-112139.jpg

▼上部にはイヤフォンジャック。
20140318-112149.jpg

▼背面カバーは、まるでiPhoneケースを外すようにパクっと取り外せる。安っぽ ry)
20140318-112208.jpg

▼ご開帳。内部にはSIM 1、マイクロSD、SIM 2とスロットが並ぶ。
20140318-112220.jpg

▼おなじみNokia Tuneの起動音を聞いた後、初期設定。残念ながら日本語はなかった。
More localeなどで日本語設定をしても、ほとんどの項目が日本語化されない。
20140318-112238.jpg

▼HTCのWindows Phone端末、Mozartと並べて。UIだけでなく、UXまでWindows Phone風にカスタマイズされている。
ここまでカスタマイズされたAndroidベースの端末は、他にはKindle DX/HDXぐらいではないかな。

20140318-112250.jpg

▼システム情報。Platform: Nokia X software platform、Software version: 10.0.3と、表示されるが、Gingerbreadベースらしい。
画面上部には、SIM 1/ SIM2の電波状況が表示される。この写真ではどちらもSIMが入っていない。
20140318-112303.jpg

▼設定項目には、Dual SIM対応項目が幾つかある。SIMごとに着信音を替えたり、データ通信をどっちでするか指定できたりする。ロケ地: 台湾
Screenshot_2014-03-17-03-42-10

画面キャプチャは音量小+電源の同時押しで普通に取れる。

Nokia XのOSはAndroidベースではあるものの、GMS認証を受けた端末ではない。従って、Google Play、Mapなどの機能は搭載されていない。

▼Google Playの代わりに搭載されたNokia Androidストア。急ごしらえにしてはそこそこアプリがあるような。ロケ地: 台湾
Screenshot_2014-03-20-01-09-40

このNokia Androidストア、ユーザ登録しなくても無料のアプリは落とせる。ここにないものは1 Mobile Marketなどの勝手ストアにつなぐか、他の端末からapkを拾ってくればよろしい。

▼Antutuでベンチ計ってみた。まあ、こんなもんでしょ。ちなみにFire HDX 8.9だと20685。ロケ地: 台湾
 Screenshot_2014-03-18-08-54-52 

まとめ: ガジェ畜、モバイルOSマニアとNokiaコレクターには、お手軽価格で変える面白い端末。端末1台で2枚SIM運用したい方にもいいかも。他の方にはあまりお勧めしません。

20140318-112356.jpg

おまけ写真: ドイツのblau、スペインのTruemobile SIMを挿してモバイルデータ設定項目を表示。それぞれのキャリア名が表示されている。