【iPhone_App】 クライアント依存なくTwitterをプッシュするBoxcar

最近にわかTwitter厨になってるので、色々と実験中。


今日はTwitterで話題になっていた、Boxcar というAppを入れてみた。

iTunesでBoxcarの詳細を表示

このBoxcar、既にリリースされているiTwitter と同様、@+ユーザ名のレスと、プライベートメッセージを受信するとプッシュで知らせてくれる。iTwitterはiTwitterがインストールされているiPhone同士でないと、プッシュしてくれない。

一方Boxcarは、どのTwitterクラインアントから送信されたメッセージでも、プッシュで受信をしてくれる。また、Boxcar自体は、Twitterのクライアント機能はほとんど持っておらず、プッシュされたメッセージから、TweetieとTwitterificを自動起動することができる。

▼最初の起動では、他のプッシュ対応App同様、プッシュ通知への許可を聞いてくる。

IMG_0222

▼次に、Twitterのサインイン画面が出る。ここではTwitterアカウントを、BoxcarクライアントAppに紐付けを行っているようだ。

IMG_0224

▼さらに、Boxcarのプッシュサービスとtwitterアカウントを紐付け。

IMG_0226


▼その後、なんかのっぺらな画面になるが、これがBoxcarのメイン画面。ここではプライベートメッセージの発信と受信だけができる。今は何も受信していないので、のっぺらなわけだが、なんか説明真ん中に書いとけと思う。”Settings”から設定画面へ。

IMG_0227


▼設定項目。プッシュする項目 -直メッセージと、@ Mentions。受信したプッシュの内容を開くクライアント -TweetieとTwitterterrific。
クライアントの設定は、プッシュ受信時にロック解除後自動で開くAppの設定で、別に何のTwitter Appで見ても構わない。つか、現状自動で開く機能はまともに動かない。(後述)

IMG_0228

▼まず、Boxcarのっぺらメイン画面から、自分宛にプライベートメッセージ送信テスツ。

IMG_0231

▼Twitterクラインアントを起動していなくても、きちんとプッシュで表示された。

IMG_0232

▼予備にまわっているiPhone 3GのTwittelatorから送信。問題なし。

IMG_0236

▼ついでに、PCのFirefoxで表示したTwitterのホームページから送信。

IMG_0237


しかし、プッシュ登録後のBoxcar Appはものすごく不安定になる。はっきり言ってめったに起動できない。設定が終わってしまえば大きな問題はないのだが、設定変更をしようと思ったら、削除して再登録する方がよっぽど速いぐらい不安定だ。

本来は、プッシュ受信→Boxcar起動→Boxcarが登録したTwitterクライアント起動 という流れになっているのだが、Boxcar起動ッ!のところでコケルので、成立しない。ま、自分はTwittelatorメインなので、落ちてもらってSpringboardからTwittelatorがすぐ起動できるので問題はない。

当初Jailbreakした3GS環境で使っていたのだが、この不安定問題にあたり、もしやJBが問題か?と思い予備wのiPhone 3Gでもテストしてみた(こっちは3.1 beta環境と微妙だが) 結果:同じぐらい不安定。

日本のApp StoreにはまだBoxcarのレビューがあがっていないので、USのを見てみたら、やっぱり不安定性について指摘しているユーザが何人かいた。

クライアント側の不安定性の問題はあるものの、プッシュに関しては特に不具合は無いので、このまま使ってみて、Boxcarのアップデートを待つことにしよう。

iTunesでBoxcarの詳細を表示