【Netbook】 Mini9でMoblin v2 core betaのWiFiを有効にする方法


▼Dell Inspiron Mini 9 にMoblin v2 core betaをインストールしてみた。
BIOS POSTからデスクトップ起動まで30秒。

新しいUIのせいか、core betaより起動が若干遅くなったような気がするが、十分早い。
日本語のフォントが全部載ってないのか、日本語フォントは一部文字化け。
screenshot

しかし、Mini 9のWiFi (Broadcom)は、Moblin v2のデフォルトでは認識しない。

そこで、Mini 9 & Moblin v2で、WiFiを有効にする方法を、備忘録をかねて簡単にまとめ。
(出典: moblin.org & Moblin dell mini 9 wifi )

Moblin v2インストールイメージはこちら: http://moblin.org/documentation/test-drive-moblin

1. ダウンロードしたら、DD for WindowsなどでUSBメモリに焼く。
ライブイメージになっているので、USBから起動し、インストールを選ぶ。説明に添って、内蔵SSDにインストール。

2. SSDからmoblinを起動すると、有線LANは認識しているが、無線LANは動かない。有線でつないで、以下の流れで無線LANドライバをビルド&インストール。

“applications”からターミナルを起動。ルートにログイン。
su – root
パスワードは自分でMoblinインスコ時に設定したパスワード、もしくはmoblin

必要なツール類のインストール
sudo yum install rpmdevtools

カーネル構築パッケージのインストール
sudo yum install kernel-netbook-devel

コンパイラと関連ツールのインストール
sudo yum groupinstall “Development Tools”

RPMFusionのソースrpmのダウンロード
wget http://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/updates/10/SRPMS/wl-kmod-5.10.79.10-2.fc10.src.rpm

ソースrpmをローカルにインストール
rpm -ivh wl-kmod-5.10.79.10-2.fc10.src.rpm

rpmビルドディレクトリに移動
cd ~/rpmbuild/SPECS

下記のspecファイルをダウンロード

rm wl-kmod.spec; wget http://slaine.org/files/moblinv2/wl-kmod.spec

rpmをビルド
rpmbuild –target=i586 -bb wl-kmod.spec

完成したrpmをインストール

sudo rpm -ivh ~/rpmbuild/RPMS/i586/wl-kmod-5.10.79.10-2.moblin.i586.rpm