【iPhone_JB】 Dev TeamによるSIMロック解除 & 10.5.6問題対策

iPhone Dev Teamによると、まもなくソフトウェアによるiPhone SIMロック解除ツールが公開される模様。以下、dev teamブログからの超訳。

これまでいくつかの他のプロジェクトについても真剣に取り組んできた。特に力を入れてきたのが、iPhone 3Gアンロック、コード名 “yellowsn0w”だ。プロジェクトはついにゴールに達成し、QuickPwnかBootNeuterのような、使いやすいパッケージ化に向けて作業が進行中。

* アンロックツールの目標リリース時期は、2008年大晦日.
* この手法でのiPhone 3G アンロックは、2.11.07 より以前のベースバンドで有効。(以前注意したとおり)
* アンロックにはJBした3G iPhoneが必要。

うーむ。やはり早まったなぁ、プレーン2.2へのアップデート。
参考エントリ: 【iPhone】2.2におけるSIMロックがらみの問題

さすがというか、今日話題になっている、

アップル、Mac OS Xの最新アップデート10.5.6でJailbreakに対策!?
(出典: iPhone・iPod Touch ラボ)

についても、もう見解と対策を書いている。

昨日の10.5.6システムアップデートを行った沢山のユーザーに、DFUモードの利用で問題が起きている。この問題はカーネルのバグによると思われ、AppleによるJB対策とは我々は考えていない。有効と思われる対策は以下のとおり。(自分のリスクでやること!)

1. IOUSBFamily.kextの中の以下のplugin kextを、10.5.5のものと入れ替える。(この文章が理解できないのなら、やらないこと)

/System/Library/Extensions/IOUSBFamily.kext/Contents/PlugIns/AppleUSBHub.kext

/System/Library/Extensions/IOUSBFamily.kext/Contents/PlugIns/IOUSBCompositeDriver.kext

2. USBハブ経由でMacとDFUモードにしたiPhoneを接続する機器の間にUSBハブを入れ、iPhoneのUSBケーブルを抜き差しする

3. Windows上のPwnage Tool作成した.ipswファイルを使う。  皮肉な話だ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で